離婚1・2・3

子供の姓の変更


離婚1・2・3 TOP
離婚後の手続
各種名義変更相談先
再婚
再婚と連れ子
離婚後の助成金
児童扶養手当
公営住宅の優先入居
母子寡婦福祉貸付金
離婚後の戸籍

子供の姓の変更

夫婦が離婚すると、夫婦は別々の戸籍に入ることになります。しかし、子供がいる場合の戸籍の取扱は多少ややこしいものとなります。

まず、離婚した場合子供は戸籍の筆頭者(ほとんどの場合は父親)の戸籍に入ることとなります。そして、子供の姓は父親と同じ姓を名乗ります。これは親権者が母親であっても変わりません。また、結婚生活中の姓を名乗ることにしたとしても、筆頭者の戸籍に入ります。


しかし、このように親と子供の姓や戸籍が異なる状況では感情的にも実際の生活の上でも不都合が生じることでしょう。

そこで、このような状態を解消するために、姓を変更する必要が出てきます。手順は以下のとおりです。

家庭裁判所(子の氏の変更申立書を提出)

審査

許可

許可審判書の交付

市区町村役場の戸籍係

許可審判書を添付して入籍届を提出


子供が母親と同じ戸籍に入るためには、家庭裁判所で「子の氏の変更申立」をし、家庭裁判所の変更審判がおりてから審判書とともに市区町村役場の戸籍係で「入籍届」を提出することにより、親子が一緒の戸籍に入ることができるようになります。

この場合のように離婚で実際に生活している親子と戸籍上の親子が異なる場合の「子の氏の変更申立」は、ほぼ確実に変更許可が出ます。

なお、氏の変更手続を子ども自身が行うことは、ほぼ皆無といってよく、実際は法定代理人である親権者が代わって子の氏の変更申立の手続きを行っているのが実態です。

そこで、法律では、15歳未満の子の氏を親が代わって変更手続きをした場合や15歳以上の未成年の子が自分で氏を変更したときは、成年になったときから1年以内に、変更前の氏に戻ることができます。


母親が生まれたときの戸籍に戻った場合で子供が新しく入籍した場合は、新たに母子の戸籍が作られることになります。(戸籍は三代になることはありません)

離婚

離婚 サイトマップ