離婚1・2・3

離婚後の戸籍


離婚1・2・3 TOP
離婚後の手続
各種名義変更相談先
再婚
再婚と連れ子
離婚後の助成金
児童扶養手当
公営住宅の優先入居
母子寡婦福祉貸付金
離婚後の戸籍
子供の姓の変更

普段は戸籍を意識する機会は少ないのですが、婚姻や離婚、養子縁組などをすると戸籍が移動したり新しい戸籍が作られることとなります。ここでは、離婚すると戸籍がどのように変わるのかを解説したいと思います。

夫婦は婚姻することによって新たに夫婦の戸籍が作られます。そして夫婦が離婚した場合は夫婦の戸籍も別々になります。


戸籍の筆頭者(戸籍の最初に記載されている者)は、戸籍はそのままですが、2番目に記載されている者(ほとんどの場合は妻)は、親元の戸籍に戻るか自分専用の新しい戸籍を作ることができます。要は婚姻前の姓に戻るか離婚してもそのままの姓を名乗るかを選択できると考えていただければいいかと思います。この選択は離婚届に記載することとなります。




離婚すると原則として婚姻前の姓に戻ることとなります。離婚前の姓を名乗る場合は新しく自分だけの戸籍を作るか親と同じ戸籍に入るかを選択できます。姓を変えたくない場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届」を届ける必要がありますので、離婚届をもらうついでに用紙を貰っておくと良いでしょう。この場合は新しい戸籍が作られることになります。


以上が離婚後の戸籍の取扱ですが、夫婦に子供がいた場合は多少異なります。子供の戸籍の取扱は別頁で詳しく解説したいと思います。

離婚

離婚 サイトマップ