離婚1・2・3

母子寡婦福祉貸付


離婚1・2・3 TOP
離婚後の手続
各種名義変更相談先
再婚
再婚と連れ子
離婚後の助成金
児童扶養手当
公営住宅の優先入居

母子寡婦福祉貸付金

離婚後の戸籍
子供の姓の変更

母子寡婦福祉貸付金とは、母子家庭や寡婦の方々の自立を図るための資金や子どもの就学(高校・大学・専修学校等)のための資金など,生活の安定と向上や子どもの健やかな成長を図るための資金で、無利息や利息が安いのが特徴です。具体的な貸付対象は下記を参照下さい。


資 金 名

貸 付 対 象

内   容

事業開始資金

母・寡婦

事業(例えば洋裁・軽飲食など)を開始するのに必要な設備費,什器,機械などの購入資金

事業継続資金

母・寡婦

現在営んでいる事業を継続するために必要な設備などを購入する運転資金

修学資金

児童・子

高校,大学,短期大学,高等専門学校または専修学校に就学させるための授業料,書籍代,通学費などに必要な資金

技能習得資金

母・寡婦

事業を開始し,または就職するために必要な知識,技能を習得するための授業料,材料費,通学費などの資金

修業資金

児童・子

事業を開始し,または就職するために必要な知識技術を習得するのに必要な資金

就職支度資金

母・児童・寡婦

就職するために直接必要な被服,靴など身の回り品を整えるための資金

医療介護資金

母・児童・寡婦

医療又は介護を受けるために必要な資金で,健康保険の自己負担分にあてる資金

生活資金

母・寡婦

技能習得資金または医療介護資金を借り受けて知識・技能を習得する間、または医療や介護を受けている間の生活を維持するのに必要な資金

母・寡婦

雇用保険のみでは生活が困難である場合に,生活安定を図り,再就職活動を支援するための資金

就職又は転職したばかりであり、数か月すれば就労収入が増え生活が安定する見込みがあるが,その間の生活に困るときに貸付ることができる資金

住宅資金

母・寡婦

現在居住し,かつ所有している住宅の補修,または購入するための資金

転宅資金

母・寡婦

転居のため,住宅の賃貸借契約により必要な敷金,前家賃及び運送代など移転のための資金

就学支度資金

児童・子

小学校,中学校,高校,大学,高等専門学校及び専修学校への入学に際して必要な被服,靴などの購入に必要な資金

結婚資金

児童・子

子どもの婚姻に際し必要な資金

特例児童扶養資金

平成14年7月に児童扶養手当の支給を受けていた者で,現在も手当を受けているが平成14年7月と比較して減額となったために生活に困窮する場合に貸付けることができる資金

《申込に必要な書類》

 1 申請書

区役所保健福祉部、北須磨支所保健福祉課、北神担当保健福祉課に所定の用紙があります。

2 母子家庭、寡婦であることを証する書類

戸籍謄本、遺族年金証書、児童扶養手当証書のいずれか。

3 申請者・連帯保証人の住民票

3ヶ月以内の家族全員のもので、本籍・続柄の記載のあるもの。

4 連帯保証人の所得を証する書類

 市県民税所得証明書、源泉徴収票、確定申告の写しのいずれか。

5 資金別必要提出書類

※なお、事業関係資金の貸付については申請書を提出していただく前に、事業計画書、見積書等を提出のうえ経営診断を行います。

《連帯保証人(1名)》

1 原則として、同一市区町村に在住する親族の方

2 貸付金の償還が滞った場合、代わって償還できる保証能力がある方。

3 60歳未満であって、償還完了時に70歳未満の方。


※貸付にあたり、連帯保証人の自宅あるいは勤務先等へ、確認の連絡を行います。

離婚