再婚と連れ子 離婚1・2・3

再婚と連れ子


離婚1・2・3 TOP
離婚後の手続
各種名義変更相談先
再婚

再婚と連れ子

離婚後の助成金
児童扶養手当
公営住宅の優先入居
母子寡婦福祉貸付金
離婚後の戸籍
子供の姓の変更

親権者が再婚すると、親権者は再婚相手の戸籍に入ることになりますが、子供の戸籍はそのままで、再婚したとしても子供の姓は変わりません。というのも再婚することによって親権者は籍を離れて新しい夫婦間で戸籍が作成され、その新しい戸籍に親権者だけが入るという奇妙な事態が起こってしまいます(なお、新しい夫婦間に生まれた子供は夫婦の戸籍に入ります)。

このように、再婚をすると連れ子と親権者の戸籍が別々になってしまうのですが、同一の戸籍にする方法もあります。

新しい親と養子縁組をする

新しい親と養子縁組をすることによって、法律的に親子関係を作ります。これによって、一つの戸籍に新しい夫婦と連れ子が入ることとなります。

養子縁組は、市区町村役場の戸籍係で「養子縁組届」という書類を提出することによって成立します。

この場合は、法律的に親子関係が認められるので、もし、新しい親に不幸があって相続が始まったとしても、相続に関しても他の相続人と同様の取扱となります。

子供の姓の変更許可申立て

これは、離婚した親権者が婚姻前の姓を名乗ったときでも子供の姓はそのままになるので、子供の姓の変更申立をする場合と同じ要領です。家庭裁判所に子供の姓の変更許可を申立てることによって、新しい夫婦と同一の姓を名乗ることにより同一戸籍に入ることができます。

但し、姓の変更申し立てをし、同一戸籍に入ったとしても、再婚相手と連れ子の間には親子関係が存在するわけではないので、続柄は「妻の子」と言った具合の表現がされてしまい、再婚相手の相続人となることはできません。


再婚にはこのようなややこしいケースも存在しますが、日常生活で戸籍を気にする機会は以外と少なく、このような取扱になっていることを知らない人も少なくありません。

何らかの手続をしようとしたところ、子供だけ姓が違っていた…などがあるかもしれません。こういうところに子供は意外と敏感です。

ですから、再婚しようとしている方は、このような戸籍の取扱を把握して、新しい配偶者に説明しないと新しい配偶者と不必要な場面で関係悪化させることもありうるので気をつけてください。

離婚

離婚 サイトマップ