離婚1・2・3

再婚


離婚1・2・3 TOP
離婚後の手続
各種名義変更相談先
再婚
再婚と連れ子
離婚後の助成金
児童扶養手当
公営住宅の優先入居
母子寡婦福祉貸付金
離婚後の戸籍
子供の姓の変更

やはりパートナーがいなくなると役割の分担ができなくなるので、いろいろな面で苦労することがあるかもしれません。ここでは、再婚する際に最低限知っておきたいことを述べたいと思います。

再婚に関しては、男性と女性で取扱が若干異なるので注意が必要です。

男性の場合…特に規定はなく、離婚届を出せば、再婚可能。

女性の場合…離婚届が受理されてから6ヶ月は再婚できません。

この違いはなぜなのでしょうか?

この男女の取扱の違いは、女性が妊娠した状態で離婚し、すぐに再婚してしまうと、生まれた子供の父親が誰か分からなくなってしまい、戸籍の取扱がややこしくなってしまうということからこのように規定されているようです。

元配偶者と再婚する場合

一度は離婚したものの、やはり元配偶者と再婚するといった場合には、6ヶ月を待たずに再婚することができます。

離婚後に生まれた子供は誰の子?

離婚後に生まれた子供の父親についての取扱は民法に定められています。

曰く、離婚後300日より前に生まれた子供は離婚前の夫の子供と推定されます。従って前の夫の戸籍に入ることとなります。

離婚後300日より後に生まれた子供は、認知をされない限り、父親が不明という扱いを受け、母親の戸籍に入ることになります。父親が不明とならないように先に婚姻するというのも一つの方法かもしれません。

再婚と戸籍

戸籍の2番目(ほとんどの場合は妻)に記載されている者が離婚した場合、子供がいる場合は新しい戸籍が作られます。

子供がいない場合は、生まれたときの戸籍に戻る又は新しい戸籍を作るかを選択することができます。


また、婚姻時の姓を名乗るか婚姻前の姓を名乗るかも選択することができます。


なお、子供がいる夫婦が離婚すると、親権者がどちらであるかに関らず、原則として父親の戸籍のままです。従って、母親が親権者となった場合でも、子供の姓は父親と同一の姓のままです。なお、再婚した場合は手続をしないと夫婦の戸籍に入ることができないので注意が必要です。(詳しくは、再婚と連れ子を参照してください)

離婚

離婚 サイトマップ