離婚1・2・3

離婚の準備


離婚1・2・3 TOP
離婚後の生活

離婚の準備

別居
別居中の生活費
DV被害者の救済措置

よく「離婚は結婚の10倍疲れる」という言葉を聞きますが、結婚する場合は協力してどうにか問題を解決してきたことでも、離婚してしまうと協力できなくなることから来る言葉だと思います。

ですから、離婚の準備が離婚後の生活では重要になってきます。

離婚を切り出す前に…

自分の予算の確認をするべきです。ほとんどの場合、離婚前に別居しています。別居中の生活費も調停などで請求することは可能ですが、養育費を支払う約束をしたが、配偶者のケガなどによる金銭支払いの遅れのような不測の事態に備えてある程度の貯蓄をしておきたいものです。

予算の確保のほか、専業主婦であれば、再就職準備もしておいた方がいいでしょう。その他、裁判離婚まで進んでしまった場合に備えて証拠物の収集をしておくべきです。

子育てに関する方針などの取り決め

離婚に際して必ず決定しておかなければならないものとして「親権」はどちらなのかを必ず決めなければなりません。親権に関しては離婚届に記載しなければならない事項だからです。

そして、離婚に際して親権問題は揉めることも珍しくありません。ですから、離婚を切り出す前に予め子育ての方針について決めておいて配偶者を説得できるようにしておく必要があります。

離婚後の姓について

離婚後の姓は、現に取得しているパスポートや運転免許証の記載事項の変更や子供の生活にも影響を及ぼす重要な問題です。

生活費の過不足の確認

慰謝料、養育費の金額は、裁判や調停の前例を参考に決めるわけですが、実際の収入と比較してどのくらい不足しているかを確認した方が、最低限いくら必要なのかがはっきりして慰謝料、養育費の金額に現実味が出てくることでしょう。

離婚後の助成金などを確認

離婚後の生活を補助する助成金は、お住まいの地域によって異なりますので、確認しておきましょう。


少なくともこれらの問題に対処できるよう準備をしておきたいものです。

離婚

離婚 サイトマップ