離婚1・2・3

性の不一致


離婚1・2・3 TOP
離婚の種類
協議離婚
公正証書とは?
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
不貞行為
悪意の遺棄
配偶者の生死不明
強度の精神病
その他(婚姻継続し難い事由)
配偶者の暴力・暴言

性の不一致

性格の不一致
嫁姑問題
飲酒・浪費
配偶者の破産

性の不一致も離婚原因としては珍しいものではありません。

例えば、

・ 配偶者の一方が以上に性生活に対して執着している

・ 配偶者の一方が性に対して潔癖すぎる

・ 同性愛者であった場合

・ 性の嗜好が異常(性交渉の際に靴を履くことを強要する場合など)

などといった場合で、夫婦関係が修復できないほど破綻している場合には、離婚原因として認められます。

性の不一致も他の離婚原因と同様、基本的には「夫婦関係が修復できないほど破綻」していることが条件となりますが、裁判の前例を見てみると「性生活は夫婦生活の中でも重要なもの」という趣旨のものが多く、裁判実務でもこのように認識されているようで、比較的容易に離婚が認められるようです。

なお、療養中や高齢による性的不能などは離婚原因とはなりません。

離婚

離婚 サイトマップ