離婚1・2・3

不貞行為


離婚1・2・3 TOP
離婚の種類
協議離婚
公正証書とは?
調停離婚
審判離婚
裁判離婚

不貞行為

悪意の遺棄
配偶者の生死不明
強度の精神病
その他(婚姻継続し難い事由)
配偶者の暴力・暴言
性の不一致
性格の不一致
嫁姑問題
飲酒・浪費
配偶者の破産

不貞とは、世間一般で言うところの「浮気」というものです。

法律用語には「浮気」という言葉が存在せず、不貞という言葉が使われています。不貞=浮気ということになるわけですが、浮気というものは人によってそれぞれ考え方が異なります。

では、法律でいうところの不貞行為とは、どのようなものでしょうか?

法律で言う不貞行為とは、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」であって、この不貞行為によって婚姻関係が破綻した場合に離婚することが出来るということになります。即ち不貞行為とは性交を伴うもので、それ以外は不貞というもので、離婚事由とまでは行かないこともあります。

もちろん、不貞行為をした場合は慰謝料が問題になることでしょうが、状況によっては慰謝料請求できない場合や減額されるケースもあります。

・ もともと結婚生活が破綻していたところで不貞行為が発覚した場合

・ 性関係を伴わないもの

・ 相手が不貞行為を行ったことを理由に自分も不貞行為を行った場合

不貞行為の証拠

訴訟などを行う際には証拠は不可欠です。不貞行為の証拠となりうる例は下記の通りです。

・二人でホテルの一室に宿泊した証拠があるときなど

・手紙などから性関係があることが読み取れる場合

・ 写真から二人で旅行したことがわかる場合

なお、不貞行為をした相手に対しても慰謝料を請求することができます。

配偶者が同性愛者だった場合

結婚前には気付かず、結婚してから配偶者は同性愛者だった…という事が発覚することがあるかもしれません。この場合は不貞行為には該当せず、「その他婚姻継続し難い事由」という取扱となります。

責任がある配偶者からの離婚請求

不貞行為を行った配偶者から離婚訴訟を起こすことは原則として出来ません。しかし、夫婦関係が既に破綻していて単なる戸籍上の夫婦でしかなく(別居期間が長い場合)、で未成熟の子供がおらず、離婚になっても相手方が精神的経済的に苛酷な状態に置かれない。といった場合は責任がある配偶者側からも離婚請求できるようです。

離婚

離婚 サイトマップ