離婚1・2・3

審判離婚


離婚1・2・3 TOP
離婚の種類
協議離婚
公正証書とは?
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
不貞行為
悪意の遺棄
配偶者の生死不明
強度の精神病
その他(婚姻継続し難い事由)
配偶者の暴力・暴言
性の不一致
性格の不一致
嫁姑問題
飲酒・浪費
配偶者の破産

聞きなれない離婚の方法ですが、実際に審判離婚で離婚する夫婦はごく稀です。

審判離婚とは、離婚調停が調わなかった場合に家庭裁判所が夫婦の公平を考慮した上で離婚を成立させるというものです。

原則として離婚調停は当事者の話し合いに調停委員が介入して解決を図るもので、家庭裁判所が強制的に離婚させるというものではないのですが、その例外措置と考えていただければいいでしょう。

審判で決められることは、離婚のほか、親権者、財産分与、養育費、慰謝料の額などについても命じることが出来ます。

件数は、年間およそ100件程度とごくわずかです。

審判離婚を成立させるケース

・ 当事者の離婚の合意があり、何らかの事情で当事者が調停成立時に出頭できないとき

・ 合意できない理由が主に感情的反発である

・ 当事者が審判離婚を求めた場合

・ 早急に結論を出した方がいい場合。(例:親権問題)

審判の流れ

家庭裁判所での離婚調停(不調)

審判離婚を成立させる条件に該当する場合に審判が下る。

審判が下った後、2週間以内に異議が出なかった場合は審判成立。

10日以内に離婚届に審判確定証明書と審判書の謄本を添付して提出

離婚

離婚 サイトマップ