離婚1・2・3

離婚の種類


離婚1・2・3 TOP
離婚の種類
協議離婚
公正証書とは?
調停離婚
審判離婚
裁判離婚
不貞行為
悪意の遺棄
配偶者の生死不明
強度の精神病
その他(婚姻継続し難い事由)
配偶者の暴力・暴言
性の不一致
性格の不一致
嫁姑問題
飲酒・浪費
配偶者の破産

地図を持っていないと目的地に到達するのが困難であるのと同じで、離婚をしようとする場合、離婚の制度を知る必要があります。

一言で離婚と言っても、離婚の方法は4つに分けることが出来ます。

‥事者の話し合いで解決する「協議離婚」

家庭裁判所にて調停委員を交えて話し合う「調停離婚」

D環筝紂∩幣戮砲茲蕕魂板躡枷十蠅決定をする「審判離婚」

ち幣戮砲茲辰堂魴茲垢襦嶌枷塾ズА廚裡桓鑪爐あります。

一般的には、

協議離婚→調停離婚→審判離婚または裁判離婚

という順で解決を目指します。

もちろん、当事者の話し合いで解決できるなら、協議離婚でも構いませんし、その他の手段による離婚でも問題ありません。

ただ、ひとつ気をつけておきたいことは、話し合いで解決できないからといって、いきなり離婚審判や裁判離婚を起こせるわけではないということです。

離婚審判や離婚裁判を起こす前に必ず離婚調停を申し立てる必要があります。これを調停前置主義といいます。

また、離婚裁判を申し立てるには、浮気など法律で定められた理由がなければ裁判を起こすことが出来ません。

このように、4種類の離婚方法の中には一定のルールがありますが、どの方法によるとしても「話し合い」が基本です。感情的にならないことがスムーズに解決する秘訣です。

次からは、それぞれの離婚方法の手続の流れ、手続に関する費用などを詳しく解説したいと思います。

離婚

離婚 サイトマップ