離婚1・2・3

年金分割


離婚1・2・3 TOP
離婚前に決めておくこと
慰謝料
第三者への慰謝料
財産分与
養育費
ペットの飼育に関して
年金分割
面接交渉権
面接交渉権(1)

2007年4月から年金分割制度が開始されます。年金分割制度はどのような制度なのでしょうか?概要は以下のとおりです。


一言で言ってしまえば財産分与の対象に年金も含むといったものです。今までも、年金を分割することは受給時期になった時に当事者間で任意で支払いを受けることによって行うケースも存在しました。しかし、今までは社会保険庁から直接自身の口座に振り込まれるという制度ではありませんでしたので、任意に支払われないことがあったり、受給権者が死亡して受け取ることができなかった場合もあり、今までの取り決めだと事実上の年金分割に関する取り決めは、非常に不安定な権利でした。

平成19年4月からは年金の一定割合が社会保険庁から直接振り込まれることとなります。

平成19年4月以降に離婚する場合に適用され、それ以前に離婚した場合は対象外となります。

結婚してから離婚までの期間に払った分の年金の2分の1を上限として公正証書にて年金の分割割合を決めます(『受給額の何パーセント』と言った具合です)。この年金分割は、双方の合意が基本ですが、合意がない場合は裁判所に申立てることになります。

離婚後2年以内に年金の受給割合を明記した公正証書を社会保険庁に提出し、年金分割の手続をします。これによって結婚生活中の年金に関して社会保険庁から直接年金が振り込まれることとなります。公正証書で年金の受給割合を取り決めただけでは、年金分割が実行されることが無いのでご注意下さい。

受給されるのは、相手の年金が受給されるときからではなく自分が受給される年齢に達したときです。

年金分割の対象は厚生年金、共済年金で国民年金は対象とはなりませんので、平成19年4月以前でも以降でも変わりません。


平成19年の年金分割制度は話し合いによらず自動的に分割される制度も始まります。


この場合は合意を必要とせずに自動的に結婚生活中に支払った分の年金額の2分の1が分割されることとなります。

離婚

年金分割 サイトマップ