サイトマップ 離婚1・2・3

慰謝料


離婚1・2・3 TOP
離婚前に決めておくこと
慰謝料
第三者への慰謝料
財産分与
養育費
ペットの飼育に関して
年金分割
面接交渉権
面接交渉権(1)

慰謝料とは、離婚原因を作った側が支払う金銭で、結婚生活中に築き上げた財産を分配するという財産分与とは性質が異なるので、財産分与とは別に請求することができます。 この慰謝料請求権にも時効があります。時効は3年です。


慰謝料を請求するには浮気をされて精神的苦痛を受けた場合や暴力を受けたなどの肉体的苦痛に対して金銭で償うという性質の金銭です。このように形がないものに対して金銭で支払うというものですから、慰謝料に関しては、なかなか双方の意見が一致しないことも見受けられます。


下の表は慰謝料の支払額の平均値です。


財産分与相場−支払者及び支払内容別(件)

 

総数

うち財産分与の取り決めあり

総数

100
万円
以下

200
万円
以下

400
万円
以下

600
万円
以下

1,000
万円
以下

2,000
万円
以下

2,000
万円
以上

算定
不能

総数

25,656

8,604

2,258

1,229

1,434

746

786

535

269

1,277



-

7,694

2,022

1,150

1,327

690

711

502

260

1,032

-

910

236

149

107

56

75

33

9

245




金銭等

-

5,894

1,988

1,204

1,209

596

437

213

92

74

不動産

-

1,698

27

39

90

98

261

234

94

851

動産

-

508

213

40

10

12

4

4

2

223

金銭等・不動産

-

326

4

4

16

22

67

71

66

76

金銭等・動産

-

107

22

11

24

12

10

4

2

22

不動産・動産他

-

44

2

1

0

4

6

4

3

24

金銭等・不動産・動産他

-

27

2

0

0

2

1

5

10

7

平成15年度司法統計年報より

上記の統計を参考にしながら、家事への貢献度を考慮して算出することとなります。


慰謝料の請求方法も話し合いから始めますが、慰謝料のみを請求する場合には調停を行うことなく訴訟にて請求することができます。

離婚

離婚前に決めておくこと 離婚